【元日本代表!?医学部!?蹴球部主将!?】究極の文武両道を体現する男、古田京とは【後編】

・ ・ ・ ・ ・

 

2018年12月22日 大学選手権 準々決勝 vs早稲田(東京・秩父宮ラグビー場)

 

ラグビーの大学日本一を決める大学選手権。

 

日本一を目指し戦っていた慶應蹴球部は早稲田に敗れ、準々決勝で姿を消すこととなった。

 

後半ロスタイムでの逆転負け。わずか30秒あまりで両者の運命は大きく変わってしまった。

 

慶應にとってはまさに悲劇。あまりにも残酷すぎる結末が彼らを待ち受けていた。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

その10日前。私たちは蹴球部の主将である古田 京さんにお話を伺う機会が得られた。

様々なメディアでも注目されている古田さん。究極の文武両道と評されている古田さんの真の姿は如何に。

主将として古田さんがチームに寄与してきたモノ、劇的な敗戦を経て新チームに受け継がれた思いとは。

今回は、現役医学部生でありながら高校日本代表の経歴をも持つ119代目蹴球部主将、古田京さんに迫ります。

本記事は2部構成の後編です。前編はこちら

 塾生証
氏名:古田 京ふるた きょう
学部・学年:医学部4年
所属団体:蹴球部
出身校:慶應義塾高校
主な出場歴:第94回全国高校ラグビー大会(通称:花園)
代表歴:2014年度 高校日本代表

 


写真提供者:慶應義塾體育會蹴球部

「中途半端だと愚痴が出て 一生懸命だと知恵が出る いい加減だと言い訳が出る」


 

編集部:古田さんにとって頑張れるエネルギーとは何でしょうか?

古田さん:自分のやりたいことだということだと思います。ラグビーもそうですし。勉強もすごくしたいわけではないのですが、モチベーションはあるし、自分がやりたいからやっているということが大きいと思います。

今やりたいことが、自分はたまたま小さい頃からずっとやってきたラグビーですが、好きなことを見つけられない人って結構多いですよね。そういう面では自分はすごくラッキーだったし、小学校の時のコーチも良くて周りも強いから結構勝つことができたし、小学校のうちからチームスポーツの素晴らしさを学べました。
中学の時も、やんちゃな人も周りには多かったですが、皆ラグビーが上手くて、高校では花園に行くことができたり周りの環境が本当にラッキーで自分はここまでくることができました。
そういうラッキーが積み重なった感じなので、今まで自分で切り開いてきた感じはありません。

あとは頑張れるエネルギーというと、サポートしてくれているマネージャー、トレーナー、社会人のコーチ等が地道な仕事をたくさんしてくれているところがすごく大きく、そういう人たちに喜んでもらうために頑張らなきゃと思う部分が大きいです。


蹴球部部室にて

編集部:自分の性格についてどう思いますか?

古田さん:これもラグビーに繋がるのですが、1個上の幼稚舎出身の人に「センサー」のような人がいました。

編集部:センサー?

古田さん:the 天才な人です(笑)キックが本当にうまくて、練習で外しても大事な場面では絶対に決めます。
普通部の頃から1個上にいて本当に上手くて、自分にはそんな才能はないなと常に感じていました。あの人は練習しなくても上手いけど、自分はとにかく練習して頑張るしかないなと思っていました。そこからコツコツやる今の性格は生まれたのかな。でも、根本にはその先輩に負けたくないっていう負けず嫌いがあって。試合でも勝ちたいから(チームメイトに)何でも言ってしまうし、負けたくないという気持ちは人より強いかもしれません。

あとは、思っていることと実際にやっていることの結びつきは強いかな。だからこそ今自分がやりたいことをやれているのかなとは思います。
モチベーションの持ち方もすごく大事だと思っていて、さっきのリーダーシップの話にも繋がりますが、人に直接言うよりその人に気づかせてやらないといけないと思っていて、その人自身が自発的にやる気になった時とそうでない時のパフォーマンスってやっぱり全然違うと思っています。
それは自分にも当てはまることで、人から押しつけられたことでも、自分の中で思いを作って、やらされていると感じないように勝手に解釈を変えてやってました

 

編集部:尊敬している人や大事にしている言葉などはありますか?

古田さん:今年(2018年)すごく大事にしている言葉があります。
中途半端だと愚痴が出て 一生懸命だと知恵が出る いい加減だと言い訳が出る」という言葉があって、武田信玄や色々な人が言ってる言葉なのですが、
この言葉は教訓として大事にしています。

編集部:今回取材をさせていただいて、時間の使い方が上手いと思ったのと同時に古田さんだけ1日が24時間ではない気がするんですよね(笑) 睡眠時間もちゃんと取っていますし。

古田さん:本当に大したことはやっていないんです。それを言うと色々な人にいやいやと言われるかもしれませんが、大したことをしているのはラグビーだけで、それは他の人もやっていること。ラグビーがあくまでも大きな軸で、ラグビー以外のことはなんとかなっているから今までやってこれたわけで、逆に勉強がきつくなった時はラグビーにも支障が出て大変でしたが、上手く分散して、結構前から勉強するようになったりっていうのがありました。

頭もそこまで良くないし。少し自分のこと頭良いかなって思ったこともありましたが(笑)
そんなことは全然なくて。頭良い人は本当に良いし僕は敵わない。ただ要領は少しだけ良かったから、自分は要領とかけた時間でカバーするしかないなと思いました。でも、寝ることは大切。寝ているから日中多少忙しくても対応できているのかもしれません。

 

編集部:最後にこの白い紙に、古田さんの1週間のスケジュール、
できれば忙しかった2年生の秋と今のスケジュール2つ書いていただけますか?

古田さん:了解です。

 

作成中、、、


写真撮影者:岡本爽吾

すごいスピードで1週間のスケジュールが書かれていきます。


写真撮影者:岡本爽吾

古田さん:こんな感じです。

編集部:ありがとうございます。

古田さんの2年生秋はこんな感じ。

 

岡本:勉強と書いてあるところは絶対に勉強するんですか?
(岡本爽吾、蹴球部3年。カメラマンとして今回お手伝いしていただきました。)

古田さん:いや、しない時もある。3回あったら3回のうち2回は絶対やろうとか、選択肢みたいな感じでやっていたかな。

編集部:この遊びというのは?

古田さん:週末や平日の空いている時間に楽しみを作るようにしていて、そのために1週間頑張るイメージです。今は彼女と遊ぶのがそういう時間にあって、そのために頑張れているみたいなところはあります(笑)


蹴球部部室にて

編集部:でも今思ったのは、古田さんはこういうものをすぐに全部書けますよね。

古田さん:あー。確かに書けますね(笑)

編集部:なんなら2年前のほうが今の予定より細かく書かれていたし、この全体を把握する能力こそが古田さんの両立を可能にしているものの一つなのかもしれませんね。
今までお話を聞いていて、古田さんがどうやって時間を使ってるのだろうとモヤモヤしていたところが今晴れました(笑)

古田さん:あーでも、この絵はよく書く。

編集部:え、僕も書こうかな(笑)どのタイミングで書いているのですか?

古田さん:大変な時は毎週はじめに書いてましたね。予定を書いて、全体を把握するということを大事にしていました。

 

 

→次ページ

「受け継がれる意志、そして新チームへ」

この記事の内容が役に立ったらシェアしてください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です