【体験レポート】起業が当たり前の時代に。学生向けスタートアップイベントTORYUMON TOKYOに参加してきました!

 

2月16日東京ミッドタウン日比谷にてTORYUMON TOKYO(登竜門 東京)が開催されました!  

 

TORYUMON TOKYO???という方が多いとは思いますが、TORYUMON TOKYOについて調べてみるとtwitterではこんな投稿が!  

 

 

 

 

 

 

人生が変わるイベント!?中学3年生!?投資家!?

 

 

一体このイベント、TORYUMON TOKYOとは何なのか。今回は学生スタッフとして実際にイベントに参加してきました!!

 

撮影者:東 慧紀 @Satopppy

 

 

TORYUMON TOKYOとは


この記事をここまで読んで、「ただの意識高い系のイベントでしょ」と思っている方が多いかもしれません。意識高い系と判断してバッサリ切り捨てずに、「まあこんなイベントもあるんだなぁ」という感じで読んでいただければと思います。

 


さて、このTORYUMON TOKYOとは一体なんのイベントなのか。Facebookのイベントページには、  




《TORYUMON TOKYOについて》
スタートアップに興味がある大学生、中高生の大規模交流会です!交流会だけでなく、ここ最近バズりまくっているイケイケ若手起業家を交えたトークセッションやレベルの高いピッチ審査会など盛りだくさんです! 東京ミッドタウン日比谷のイベントスペースで、今イケてる若手起業家、VCの方なども呼ばせていただいているので、初期メンバー探し、投資相談、採用、人脈を広げていただく等の機会にしていただけたら幸いです。  

 

《TORYUMONとは》
TORYUMON学生運営委員会では九州の学生にとって「起業」の選択肢が当たり前になることを目指し活動しています。九州では福岡市が創業特区として積極的に規制緩和や実証実験などを推し進めスタートアップ支援体制は着実に整ってきていますが、さらなる発展には実際に起業に踏み切るプレイヤーが少ないのが現状です。こうした課題意識のもと学生を対象にスタートアップに触れる機会を提供しようと2017年3月と9月に九州の学生向けスタートアップイベント「TORYUMON」を開催しました。九州中から学生が250名以上集まり、4社の起業が実現し着実に福岡でも起業のムーブメントが起こり始めています。TORYUMONを通して九州の学生が起業に踏み出す事ができるよう第3回はパワーアップして開催します。TORYUMONで地方の学生の起業のエコシステムとスタートアップに興味のある学生のコミュニティの醸成を目指します。

 

 

TORYUMON TOKYO、お分かりいただけたでしょうか。ざっくりいうと、


学生を対象とした”スタートアップに触れる機会を創出するイベント”


といった感じです。

 


撮影者:東 慧紀 @Satopppy

 

  ちなみに先ほどから頻出している”スタートアップ”とは・・・

スタートアップとは、短期間で、イノベーションや新たなビジネスモデルの構築、新たな市場の開拓を目指す動き、または概念です。法人(会社)そのものを指すものではなく、「起業」や「新規事業の立ち上げ」という解釈が一般的です。元々、アメリカ・シリコンバレーにおいて、多くみられる現象でしたが、日本においても個人投資家(エンジェル投資家)やベンチャーキャピタル(VC)が積極的に投資する対象として、注目されています。 【「助っ人」(2019/3/25)より】

 

 

でも、スタートアップに触れるといっても実際に何やるの?と思った方も多いはず。イベント前は私もそう思っていました。実際にイベントでは何が行われるのか、以下が当日の流れです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

**第一部**
16:20〜17:20 パネルディスカッション
豪華ゲストをおよびしてスタートアップに関するトークセッション!

**第二部**
17:35〜18:35 ピッチ審査会
同世代の若手起業家たちが熱いピッチを行います!審査員にも豪華メンバーが集合!!

**第三部**
18:45~20:30
ピザなどを食べながら、色々な人たちと交流して下さいー!同世代の同志たちとの交流や情報交換はもちろん、初期の仲間探しなどもできます〜!参加者から起こる化学反応を楽しみにしています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
TORYUMON TOKYO Facebookイベントページより引用(3/24)

 

 

 

第一部では、トークセッションが行われました。


登壇者は以下の4名!

株式会社PoliPoli 代表取締役CEO          伊藤 和真氏
株式会社タイミー 代表取締役CEO          小川 嶺氏
ecbo株式会社 代表取締役CCO          ワラガイ ケン氏
プロトスター株式会社 前代表取締役COO          栗島 祐介氏

 

 


撮影者:東 慧紀 @Satopppy



伊藤氏と小川氏は現役大学生ながら起業家としてもご活躍されています。


事業立ち上げの経緯や資金調達時の苦労話、倒産寸前だった話など、トークセッションは多岐にわたり行われました。参加者の多くが現役大学生であり、こうした同年代の活躍には心を打たれる方も多かったのではないでしょうか。

 

 

撮影者:東 慧紀 @Satopppy

 

 

 

第二部では、ピッチ審査会が行われました。

ピッチ審査会は

立ち上げたばかりの事業を審査員の方に審査してもらい賞獲得を目指すプレゼン大会です。

 



ピッチ審査会の様子


撮影者:東 慧紀 @Satopppy

 


撮影者:東 慧紀 @Satopppy

 


撮影者:東 慧紀 @Satopppy

審査員の方々


撮影者:東 慧紀 @Satopppy



このピッチ審査会から実際に出資に結びついたり、次のチャンスに繋がったり、ということもあり登壇者も審査員も実に真剣な様子。

ただ登壇者や審査員の方々の真剣な眼差しの中に、どこか楽しげな様子が見られたのが印象的でした。

 

一方で、審査員の方々のコメントには若干会場が氷づいていました。

 

 

しかし審査員の方々からのコメントはただ怖いということだけでもなく、

 

 

ピッチ登壇者の方にとってはとても有意義な機会になったそうです。

 

 

ピッチ登壇者と審査員の方々

撮影者:東 慧紀 @Satopppy

 

 

 

第三部では、参加者・参加企業の交流会が行われました。

参加者の中には
中学生や高校生、県外から来ている学生(鳥取の方もいらっしゃいました)、実際に起業をしている、飛び込みで今回来た、進路で悩んでいる、インターンを探している、一緒に事業を進める仲間を探している、などなど様々なバックグラウンドを持つ人たちがいました。

 

 

交流会の様子

撮影者:東 慧紀 @Satopppy

 


撮影者:東 慧紀 @Satopppy

 

 

ちなみに、このTORYUMONは、皆さんご存知?の

出典:http://kashimiyage.com/2017/07/26/1006010001_hakatatoorimon/


この、「博多通りもん」が名前の由来となっているそうです。      


次ページ
では、TORYUMONを運営されている
F Ventures LLP有限責任事業組合 代表 両角将太さんにTORYUMONにかける想いについてインタビューを行いました。

 

→次ページ

アメリカは9%、イスラエルは8%なのに対し、日本は5%未満。

この記事の内容が役に立ったらシェアしてください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です